ここだから、僕たちだから
こそできる料理を。

 
レストランに隣接する畑で、年間100種類以上の野菜を育て、それぞれの成長の度合いやサイズを見極め、野菜の持つ可能性を、素材同士の組み合わせで無限大に引き出していきます。

 

 たちの考え

自分たちの健康のため、未来ある子供たちをまもるため。自然の法則を知り、忘れられがちなジイちゃん&バアちゃんの知恵を生かし心豊かに暮らすこと。自然の中で暮らしている私は、庭にある果実の実でコンフィチュールや果実酒を作ります。畑でたくさんとれた野菜は砂糖漬けやピクルス、乾燥させて保存します。夏になるとたくさんのトマトを瓶詰して保存できるようにします。秋には稲を刈り、オリーブを収穫し塩漬けします。あ、今年も夏(秋)が来たと1年という時間を体で感じることができます。食べ物が育つのにかかった時間と関わったすべての人に感謝の気持ちもあります。風土や気候。農家さんや漁師さん。料理をしてくれた人。 
ところが、都会で暮らす人が増え、スーパーに行けば世界中の あらゆるものが手に入り食物が持つ時間との関わりを実感することが難しくなってしまっているいるような気がします。忙しさのあまり食事の大切さを考える時間や、食事の時間も少なくなってきているような...。何が豊かか、人それぞれだとは思いますが、こういうのもあるよぉってね...近隣の生産者と共に身近にあるもので「ちょっと今の食生活を変えてみようっかな?」って、きっかけを作りの場を作っていきたいです。
わたしたちは休日には畑仕事をします。土を耕したり、草を引いたり、虫をとったりして・・そうして育てた野菜を自分たちの食卓に。仕事と生活を自然と共に暮らしています。


営業スタイル変更のお知らせ


 
アイーダはこれまで、ランチ・ディナーの営業をしてまいりましたが、
2019年5月8日より下記のように変更させていただきます。
 
1営業1組(2~10名・3日前までのご予約)
お一人様 18,000円(アペリティフ込・サービス料込・消費税別)
※ご予約はメール、予約フォーム、予約サイトからでのみお承ります。
※1名様でのご予約は要相談となります。メールでお問い合わせください。
※これまでの月曜定休から不定休になります。
 
この選択に至るまで、数年前からいろいろと考えてきました。
和歌山で20年。その先、自分はどうやって進んでいこうか。
 --------
畑とレストランのランチ&ディナー営業の両立してきましたが
畑日和の日に予約を頂いたり、雨の日になかったりと、気持ちと身体が別のところにあったりする時もあり、それらを改善したい。
 
そして
地方で店を維持するのは、都会と違った難しさがあります。
たとえば、日常的にレストランを利用する人が少なく、外国料理だと現地に近い味は受け入れられなかったり、時代に合った新しい料理も理解されにくいです。そのため、売り上げを法事等の会食(料理に個性は求められていない)などで確保しなければならなかったりします。
 
低価格で美味しい料理をお客様に届けたいという思いもあります。
ずっとそうして行こうとも思っていましたが、そうするとスタッフの長時間労働、低賃金が改善されません。
 
もちろん、どんなお客さんに来てほしいかは、人それぞれの考えがあります。
 
でも
僕は、自分たちの料理を好きでいてくれる人に、もう少しゆっくりしてほしい。
 
畑を案内してから食事を始めるようにしたり生産者と一緒にワークショップしたり
会話したり、ワインを飲んだり
 
まわりの評価を気にするのではなく、自分に素直でいたい。
 
 
私たちは今、私たちの選択が未来を決定づける変化の中にいます。食事をする人とシェフの想いが繋がり始めています。
素材の調達に注意し、それがどのように作られているか。そして地域社会との関わりに思いを注ぐ。エネルギー、廃棄物、水の観点から環境に配慮するということをみんなで考えたい。
 
そのために、今のままの形態ではお店の継続は不可能と思い、ひとつの進む道として今回の選択をしました。
 
価格については、日本のレストラン業界の課題だと思います。
志ある生産者への対価を見直し、料理の原価だけでなく料理人の技術料、人件費、店の維持費を含めて設定しています。
 
同じく業界の課題の、長時間労働も見直します。
私たちはおいしい料理と心通うお客様、友達をを大切にします。
 
お客様には、料理だけでなく、土にふれていただくプランも考え中です。
 
自分自身は、様々な土地を訪ねて、人に接し、その経験を自分の料理にかえていこうと思っています。
 
アイーダらしい、ナチュラルな料理、体験を楽しみにいらしてください。
 
 
小林寛司
 
 

 

 
 

 

 
*小学生未満のお子様連れのでのご来店は
 ご遠慮いただいております.
*アレルギー、苦手な食材がある場合は 備考欄にご記入ください。
*こちらの予約フォームでは1週間以降のご予約を承ります。
*当日キャンセルの場合にキャンセル料を頂きます。
 
 

 
 
 

 
 

 
 
 
      

 
私たちは季節の移ろいを身に受ける幸せの中で暮らし、旬の素材は自然と身体が求めるようになっていて、丁寧な食事は身体を健康にします。「風土と共に生きるとういう事」自家菜園の野菜を中心に近隣の魚介、家禽、ジビエをあわせ、日本の風土を大切にしながらも旅をして得た経験や、味覚を取り入れ自然で食べて健康になる料理。つまりは、過去に食べてきた身近な自然を、異文化で洗い流し、現代の新しい視点で食べること。それぞれの個性を生かし、互いが引き立てあうよう。器の中でそれぞれがそれぞれに粒立ち、混ざらないで生きながら、それでもひとつの景色に消えていく。すべて消えた後に香りがそっと残る。木を成す葉の一枚、一枚が光りに揺れて輝いているような。
 
 

 
                   

 私たちのワインの選択は、私たちの料理と同じです。おすすめするワインはそれはまずピュアに 葡萄の美味しさが引き出されたワイン。すなわちテロワールやヴィンテージの特徴 が ストレートに現れているワインです。すべてのワインはユニークで、独自の起源の歴史を持っています。イタリア、フランス、日本から食べ物と同じ自然なワインを揃えています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 villa aida までの案内

車でお越しの方へ
阪和道泉南ICを出て左折。約12km(15分)です。
阪和道和歌山北ICから16kmです。
※駐車場完備しています。
 
電車でお越しの方へ
大阪方面よりお越しのお客様はJR阪和線紀伊駅で下車。
南紀よりお越しのお客様はJR和歌山線岩出駅を下車。
タクシーをご利用ください。
運転手さんに「岩出のアイーダまで」とお伝えください。
紀伊駅からは15分位、岩出駅からは5分位です。

住所   和歌山県岩出市川尻71‐5 
          649-6231
71-5 kawajiri iwadecity WAKAYAMA JAPAN
 
定休日    不定休
営業時間   12:00~ 
       
 
 
休業日         5月   7日  15日 16日   20日 27日  28日
      6月  9日  10日 11日 22日 23日 24日
      7月  8日 9日  10日 11日 16日 17日 24日 25日 26日 

 

 
 

 
 
2018/5/8
 Top 100 Best Vegetables restaurants 2019において
 villa aidaが17位に選ばれました。
 
2018/11/15
 2019年4月14日に20周年イベント開催します。

 villa aida 20th anniversary
 MY WAY EXPO 2019
 https://www.villa-aida20thanniversary.com

 
 
 2018/07/23 

 スタッフを募集しています。自然と関わり野菜を育てて、料理をしたい人。
 メールまたは来店にて連絡お待ちしてます。
 madam@villa-aida.jp
 担当 小林